女性の性病

女性特有の性病に関する治療法や予防策をお伝えしています

性病=遊んでる女、というのは間違い

性病で病院の検査を受けようか悩んでいる女性性病=遊んでる女性という認識は間違っています。
性病は、性行為時に男性器が女性器に当たることで感染するというわけではありません。
一部の性病には、男性器や女性器以外にも感染している場合があります。
例えば、喉!喉に住み着いている病原菌は、どんなに薬を服用していてもなかなか治りません。
そして、知らず知らずのうちに付き合っている女性との性行為時に女性に移してしまうということもあるのです。
その結果、男性は女性が遊んでいると勘違いしてしまうのです。
もちろん、その女性は遊んでなんかおらず間違った認識を持たれてしまいます。
それを防ぐには、まずはじめに身の潔白を証明しなければなりません。
そして、一緒に病院へ行き検査を行います。
そうすると、性病の病名が判明しますので、男性も検査します。
そして、病気が一致した場合、男性から移されたということになり、身の潔白を証明することができます。
なぜ男性が性病を持っているのかというと、もちろん過去の女性から移されたということも考えられますが、飲み会などで罰ゲームで男性から男性へ移されたということも考えられます。
なので、あまり責めずに、一緒に治療を行うなどして安心させてあげると良いでしょう。