女性特有の性病とは

性に関する悩みを抱えている人がたくさんいますが、その中に性病があります。
バルトレックスのような治療薬を用いることで治療が可能なものもありますが、しっかりと治療を行わないと、知らないうちにパートナーにうつしてしまうと言うことがあるので注意が必要です。(バルトレックスの通販についてはこちら)
性病にはたくさんの種類がありますが、女性特有の性病もあります。
女性特有の性病とは、カンジダ症というものです。
これは女性にみられる病気で、性器カンジダ症とも言われます。
本来体の中にはカンジダという菌を持っている人もいるので、その活動が活発になって起こると言うこともありますが、多くの場合は性交渉によって発病するとされています。
この菌はカンジダ・アルビカンスといわれるものです。
カビの仲間となっています。
しかし今まで男性が感染したと言うことは少なく、健康な女性の場合にもあまり症状が見られると言うことはありません。
体力が落ちていたり、免疫力が低下している女性の場合、この菌の活動が盛んになって繁殖してしまい、症状が出てしまうのです。
実際にはどのような症状が出るのかというと、性器のかゆみやただれが見られます。
このほかにはおりものがたくさん出たりもします。
症状が進んでくると、性器がはれてきたり排尿の際に痛みを伴うこともあります。
カンジダ症には抗菌薬があり、例えばエンペシド膣錠は膣内に直接挿入するタイプなので患部に直接的に作用します。
しかし、カンジダ症を予防するためには、健康に注意して、免疫力を低下させないような生活を送るようにすることが大切です。
このほかに性病としては性器ヘルペスや淋病、クラミジアなどがあります。
これらは男性にも見られるのですが、性器ヘルペスは性器に水疱ができるという病気です。
この治療にはバルトレックスという薬が使われています。
淋病やクラミジアにはクラビットやジスロマックという治療薬が使われます。
クラビットで細菌を死滅させることにより効果を発揮するので、淋病やクラミジアなどの性感染症だけでなく、咽・喉頭炎や扁桃炎の治療にも用いられます。
ジスロマックは非常に有名な抗生物質でクラミジア以外にも中耳炎や気管支炎にも効果があります。
ジスロマックの成分はアジスロマイシンで、このアジスロマイシンはマクロライド系ですのでペニシリン系の抗生物質が効かない時はアジスロマイシンに頼ると良いでしょう。
クラミジアを発症してしまったらすぐにアジスロマイシンで菌の増殖を抑えることで感染を広げずに済みますし、浮気してクラミジアになった人が本来のパートナーに移してしまった場合、確実に浮気がバレてしまいます。
そういった問題を防ぐためにも早期治療は非常に重要なのです。